2010/06/24

lucid xen domu

定期的に何かを更新するとか面倒ですよね
放っておくといつの間にか VM image も熟成しています
フレッシュなのが欲しいね! ということで作ることにしました

流行りには乗る方向で今回は Ubuntu

Debian 系である Ubuntu には debootstrap っていう
最小構成なシステムをネット経由で構築してくれるツールがあるので
debootstrap_1.0.23_all.deb を拾ってきて
$ ar -x debootstrap_1.0.23_all.deb
$ tar xfz data.tar.gz
みたいなことすると中身が取り出せます
usr ってディレクトリができてて中に色々ありますが
usr/share/debootstrap ってのが debootstrap のシステムみたいなもんなので
$ export DEBOOTSTRAP_DIR=(前は色々あるでしょうけど)usr/share/debootstrap
ってしときます

で、root_dir ってディレクトリ作っといて
おもむろに
$ ./usr/sbin/debootstrap --arch i386 lucid root_dir ftp://ftp.riken.go.jp/Linux/ubuntu
と打てばダウンロードと展開が始まります

で、以下は ext4 な file が root_dir にマウントされてると思って読んでね

終わったらデータは揃ってるんですけどまだ設定ができてないので
root_dir/etc/fstab に
/dev/hda1      /       ext4    errors=remount-ro       0       1
なんて書いて
root_dir/network/interfaces に
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.0.2
network 192.168.0.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.0.255
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1
みたいなの追加したらいいと思います
ほんとは Network の設定は NeworkManager とか使うんでしょうけど
まぁ、いつか覚えましょう

で、kernel ですよね
Xen 用の kernel で準仮想化といきたいところなんですが
Ubuntu の場合は server 用の kernel 使うんだったかなーと思いながら調べると
Xen: Debian Lenny Dom0 with Ubuntu Lucid Guest — Agile Web Operations
linux-image-ec2 を入れろと書いてある!! そんなのありますか
おどろいた

インストールするには chroot しましょう
$ chroot root_dir
$ apt-get update
$ apt-get install linux-image-ec2
$ apt-get install libc6-xen
的なことをしまして chroot を抜けます

root_dir/boot に initrd と vmlinuz ができてるんで
こいつらをコピーして Xen に登録してやったら完成です
簡単だよ Ubuntu! 簡単だよ Debian!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

 
[PR] SSL